酒田信親准教授の論文が Journal of Robotics and Mechatronics (JRM) に掲載されました

本論文誌は、1989年に創刊された、ロボティクス・メカトロニクスに関する世界随一の歴史を誇る英文論文誌です。

タイトル:Manipulating Sense of Participation in Multipartite Conversations by Manipulating Head Attitude and Gaze Direction
著者:Kenta Higashi, Naoya Isoyama, Nobuchika Sakata, and Kiyoshi Kiyokawa
雑誌名:Journal of Robotics and Mechatronics (JRM)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jrobomech/33/5/33_1013/_article/-char/ja/

酒田信親准教授の論文がコンピュータグラフィクスと可視化の国際的論文誌 IEEE TVCG に掲載されました

タイトル:Head-Mounted Display with Increased Downward Field of View Improves Presence and Sense of Self-Location
著者:Kizashi Nakano, Naoya Isoyama, Diego Monteiro, Nobuchika Sakata, Kiyoshi Kiyokawa and Takuji Narumi
雑誌名:IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics(TVCG)

本論文誌は、コンピュータグラフィクスと可視化の国際的な専門誌で、Scopus Cite score(2017-2020年における1論文あたりの被引用数)が11.4の論文誌です。

本論文はHMDのLCDの追加によって下方視野を拡張した場合に、没入感や自己位置の把握に関して調べた研究です。

K. Nakano, N. Isoyama, D. Monteiro, N. Sakata, K. Kiyokawa and T. Narumi, “Head-Mounted Display with Increased Downward Field of View Improves Presence and Sense of Self-Location,” in IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, doi: 10.1109/TVCG.2021.3106513.

植村渉講師の論文が International Journal of Computer Networks & Communications に掲載されました

植村渉講師の論文が、ネットワークと通信の国際的論文誌 International Journal of Computer Networks & Communications (IJCNC)に掲載されました。

タイトル: About Digital Communication Methods for Visible Light Communication
著者: Wataru Uemura, Yasuhiro Fukumori and Takato Hayama, Ryukoku University, Japan
雑誌名: International Journal of Computer Networks & Communications (IJCNC)
掲載ページ: Volume 13, Number 3, pp. 1-13
https://aircconline.com/abstract/ijcnc/v13n3/13321cnc01.html

本論文誌は、ネットワークと通信の国際的な専門誌で、Scopus Cite score(2016-2019年における1論文あたりの被引用数)が1.3の論文誌です。

本論文は、目に見える光を使った無線通信方法である可視光通信において、矩形波を用いた点滅パターンの変化で情報を送信する際に、受信した矩形波を復調するための方法を提案しており、矩形波のHIGHとLOW信号を区別する閾値の設定方法に関する研究です。

木村睦研究室の大学院修了生の論文が出版されました

木村睦研究室の大学院修了生の柴山友輝くんが筆頭著者の論文が、当該分野の最高峰の速報論文誌 IEEE Electron Devices Letters (インパクトファクタ4.221)で出版されました。5月9日の投稿からたった2週間での掲載は、誰もが疑いない成果が得られていることを示していると考えられます。

Y. Shibayama et al., “Amorphous-Metal-Oxide-Semiconductor Thin-Film Planar-type Spike-Timing-Dependent-Plasticity Synapse Device,” in IEEE Electron Device Letters, doi: 10.1109/LED.2021.3082083.

植村渉講師の論文が IJASUC に掲載されました

植村渉講師の論文が、International Journal of Ad hoc, sensor & Ubiquitous Computing (IJASUC)というアドホックセンサーとユビキタスコンピューティングの論文誌に掲載されました。

Wataru Uemura and Takato Hayama, “Development of a White-Cane-Extension to Detect Automatic Doors”, International Journal of Ad hoc, sensor & Ubiquitous Computing (IJASUC), Vol. 12, No. 1, pp.1 – 6.
http://airccse.org/journal/ijasuc/vol12.html

山本・番研究室の共著論文2件が Japanese Journal of Applied Physics に掲載されました

山本・番研究室の共著論文2件が掲載されました。

T. Ban, M. Ogura, S. Yamamoto, MoS2 FET fabrication using adhesion lithography and their application to chemical sensors, Jpn. J. Appl. Phys. 60 016504, 2021. https://doi.org/10.35848/1347-4065/abcf5a

T. Ban, R. Matsumura, S. Yamamoto, HfO2 thin film formed by solution-coating method and application to resistive switching device, Jpn. J. Appl. Phys. 60 014002, 2021. https://doi.org/10.35848/1347-4065/abd368

山本伸一研究室の論文が Springer Nature に掲載されました

アップコンバージョン材料に関する論文が、山本研究室の卒業生との共著で、学術出版社Springer Natureに掲載されました。

H. Kimura, T. Kato, S. Yamamoto, D. Nakauchi, N. Kawaguchi, T. Yanagida,  “Influence of Yb doping on optical and upconversion photoluminescence properties of Yb-, Er-co-doped Y2O3 transparent ceramics prepared by SPS,” Journal of Materials Science: Materials in Electronics. 10.1007/s10854-021-05346-2, 2021.

Springer Natureは、科学・技術・医学分野の書籍に関しては世界最大の出版規模を持ちます。
J Mater Sci: Mater Electronの2020-21 インパクトファクターは、およそ「2.5~3.0」です。